稼働する印刷機

依頼する際のあれこれ

動く印刷機

チラシ印刷をするなら、ほとんどの場合大ロットの印刷になります。企業の場合でありますが、個人であってもチラシは百枚程度と言った形で枚数は多くなります。チラシ印刷を承っている業者のほとんどが百部からの印刷を受け付けているので、サイトで紹介されている印刷料金は百枚の印刷が基準となっています。フルカラー百枚あたりのおおよその値段を比較しているのです。通常百枚のチラシ印刷をするとなると、家庭用やオフィス用プリンターの場合とんでもないコストが発生します。そう考えるとどの業者も安いように感じますし、その中でもずば抜けてチラシ印刷料金が安いとなると激安と感じるでしょう。しかし、安さだけで業者は選んではなりません。費用と同時に大切である印刷品質の事も考えましょう。品質にそこまで違いはないと考える方もいるかもしれませんが、その業者の印刷技術やオンデマンドかオフセットかによって、チラシ印刷の完成度は大きく変わってくるのです。技術というよりは、どの印刷機器を利用しているのかを確認した方がいいでしょう。業者によっては、使用している機器やどれほど精密な印刷が行えるのかをサイトに掲載しています。オンデマンド印刷の場合、使用機器が完成品の品質を全て決定づけますので、掲載されていればそれに注目するべきです。オフセット印刷の場合は印刷方法の関係上、完成品に大きな差が生じるという事は少ないです。しかしオフセットは業者によって多少完成品度が変わりますので、その細かい所を気にするのであればとことん気にしてみましょう。はっきり述べると、オンデマンドとオフセットであれば、オフセットの方が品質は良いです。しかし小ロットであると印刷費が高くなってしまいます。大ロット向けです。オンデマンドは少々品質がオフセットより劣ってしまいますが、小ロットであるととても安く印刷費用を抑える事が可能です。オンデマンドとオフセットのどちらがいいのかは、どれほどの部数のチラシを印刷しなければならないかによって選ぶ方は変わってきます。

チラシ印刷が百部二千円以内である、もしくはキャンペーンでそれ以下の料金になっている時があります。どう考えてもお得であり、この時期を逃すなんて事は勿体無いと考える人も多い筈です。しかしその料金はちゃんと臨んでいる納期に適しているのかどうかを確認するべきです。チラシ印刷の料金は枚数でも変わりますが、納期によっても料金は左右されます。安いプランの場合は納期が7日や10日後に設定されている事が多いです。いくらチラシ印刷が安いと言っても、納期が臨んでいる形でなければ意味がありません。納期が指定されている日数で大丈夫であれば、チラシ印刷を依頼すればいいでしょう。